コノハナサクヤヒメ〜イワナガヒメ


2016年に描いた「コノハナサクヤヒメ(イワナガヒメ)」 鮮やかなショッキングピンクの "松ぼっくりのような火の玉" からはじまり 筆が進むにまかせるように。 描画途中から火の玉はマグマのようにみえていて、 SNSなどでもマグマに感じるとのメッセージを同時に何人かの方からいただいた。 進行中に阿蘇での地震があった。 最後の方でキャンバスに女神の姿が現れて、 華やかできらびやかな印象からタイトルはコノハナサクヤヒメにしたけれど、 完全にそうだと言い切れずカッコつきで「コノハナサクヤヒメ(イワナガヒメ)」としていた。 10月の展覧会で この絵のお嫁入りが決まり、 しかしご購入者のたってのご希望で 「宝石を貼り付けて欲しい」とのこと。 本来なら出来上がっている作品に更に手を加えることはしないのだけど、 展覧会の主催者でギャラリーオーナーでの仁美さんの勧めもあり、 宝石を絵への追加をお受けすることとなった。 オーラソーマの指導者であり眼識鋭い仁美さんはお仕事柄各地を回るうち コノハナサクヤヒメ〜イワナガヒメあたりに関して感じることがかなりあるとのこと。 最新作『龍宮マリア』では、輝きのあるビーズその他を使って描いたのだけれど、 今回は"宝石"を加えて再誕生となる。 宝石=石なので コノハナサクヤヒメ=イワナガヒメ 12/12にオーナーさまへお届けとなります。 ​