猿田彦大神 絵画奉納 記念講演&境界の神に捧ぐライブペイント


===猿田彦大神 奉納 記念講演&境界の神に捧ぐライブペイント=== 画家 堀内亜紀による『猿田彦大神』ジークレー版画を9月22日の秋分の日に三重県鈴鹿市の椿大神社に奉納します。 奉納を記念して、秋分翌日の9月23日名古屋にて小野満麿氏による記念講演と、堀内亜紀による境界の神に捧ぐライブペイントを含むイベントを開催します。 ☆当日会場には『猿田彦大神』『天之宇受売命』の原画を展示いたします。 ----------------------------------------------------- 講演:小野 満麿 『 数と水…365 』 私たちが当たり前のように用いている「暦」そのものについて良く考え捉えなおすという手法によって、現在の日本神話やその前のミシャグジ関係、さらにはそのさらに一つ前の縄文1万7千年、さらにはそれに続く日本の旧石器時代も含め、これまで私たちが知っているものと事を用いて、私たち自身(人間)のこれからの方向性を垣間見るところまで提示できればと考えております。 堀内亜紀:ライブペイント『~境界の神に捧ぐ~』 この夏至に境界の扉が開かれ、今回の秋分ではいよいよ境界の向こう側のいろいろが実際にこちら側にも現れ働きを開始する時であるように感じています。 ----------------------------------------------------- ●日 時 9月23日(金)11:00-18:30 ●会 場 名古屋市公会堂 第7集会室 名古屋市昭和区鶴舞1−1−3 tel.052 731 7191 http://www.nagoyashi-kokaido.hall-info.jp/ ●定 員: (100名迄) ・開催時間が長時間となるため出入り自由でゆったりご参加いただけるよう大きい部屋での開催となります。 ●ご参加: ・当日のご参加やお誘い合わせでのご参加も可能ですが、事前に参加人数を把握できるとありがたいので、ご参加の方はFacebookイベントページの参加"ボタン"を押すか、aki33horiuchi@gmail.comまでメールにてご連絡ください。 ・この度の奉納祭典の運営は堀内亜紀自身が行っており、キャンセル等や当日の細やかな対応が難しかったり遅れたりする場合がある旨ご理解いただけますようよろしくお願い申し上げます。 ●参加費:無料 ・今回の機会は出演者、スタッフ、会場費その他にかかる全ての経費をドネーション(御寄付)を以って開催します。このような活動に対してのドネーション(御寄付)を当日受付しておりますのでご協力をよろしくお願いいたします。 〓〓〓〓〓〓〓〓タイムテーブル〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 9:00     ★開場&設営 11:00~13:00 ★小野満麿 講演『数と水…365』(1) 13:00~14:00 ★昼食休憩         ・持参の昼食を会場で食べることも可能です。         ・ゴミは各自お持ち帰りをお願いいたします。 14:00~16:00         ★小野満麿 講演『数と水…365』(2) 16:00~16:15 ★休憩 16:15~17:30 ★座談会:小野満麿×堀内亜紀×その他         ・参加者からの質疑応答やディスカッションも行います。 17:50~18:30 ★暗闇でのライブペイント 18:30~    ★撤収&退出 ----------------------------------------------------- (※)・会場の設営と撤収につきまして、椅子テーブルの配置替えなどボランティアスタッフだけではハードな場合があり、場合により当日現場でのご協力をいただけると非常にありがたいです。 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ■小野満麿 ////////////////////////////////////// 大学在学中に漫画家としてデビュー。以降様々な雑誌に作品を発表。 数理・多面体・暦・言語・音階の研究に専念し、独自の研究を続ける。特に「数」「多面体」の見解の深さは他に追従するものがいない。 科学的世界観と神秘主義的世界観のどちらも否定せず、どちらにも傾かない物事の見方を模索している。猫とイルカとサッカーをこよなく愛する温泉平和主義者。プロジェクトメタトロン主催。26年来のドリームスペラーでもある。 著書『超ねこ理論』、翻訳『エノクの鍵』など。 ■堀内亜紀 ////////////////////////////////////// 奈良県在住 書籍装丁画やタロットカードの作画などを多く手がけたイラストレーターを経て、2011年頃よりそれまでは作品の一部に現れていた"自動書記"に近い制作形態が画面全体を占めるようになり、自然な流れで神々や精霊たちに満ちた世界を描く画家として制作を行うようになる。見えない力を借りている事を自覚し現れ出ようとする形に忠実に制作を続けている。

堀内亜紀『猿田彦大神』奉納・於 椿大神社」のイベントページはこちらです。 https://www.facebook.com/events/1646343862348618/ 椿大神社 tsubaki.or.jp